トランクルームを借りてすっきり快適な暮らしをしよう

上手にトランクルームを利用するには

荷物が多過ぎて部屋に入らない場合や、引っ越しする時、引っ越し先の建物がまだ空いていない場合は、一時的にトランクルームを利用すると便利になります。
荷物を預ける場所は、室内にあるタイプと屋外に置いてあるタイプがあります。室内にあるタイプは、マンションやアパートの一部屋を借り切っているものもあれば、平屋建ての専用の建物があります。
一方で、屋外にあるタイプは、コンテナを利用したものが多いです。20フィート位の大きさの物を利用して、二階建てに積み重ねられているパターンがあります。どちらも、それぞれメリットがありますが、トランクで気になるのは、荷物の収納のしやすさと防犯面になるでしょう。
いくら広いトランクでも、荷物を出し入れしにくかったら意味がありません。一方で、防犯面が不十分であれば安心して預けることができなくなります。

どのようなトランクが荷物を出し入れしやすいか

荷物の出し入れしやすいトランクルームの特徴は、入り口が広いことです。小さな段ボール箱などをたくさん収納する場合であればそれほど関係ありませんが、タンスや冷蔵庫など、ある程度大きなものを収納したいときには入り口の大きさが重要になります。
次に、車を駐車することができる場所が必要です。徒歩で荷物を持ってくる人よりも、自動車で荷物を運ぶ場面も多いはずです。
この時に重要になるのが、車を駐車できるスペースです。車を駐車することができなければ、少し離れたコインパーキング等に駐車して、台車を利用して荷物を運ぶしかありません。ですがそれでは、あまりにも時間がかかってしまってます。
駐車場がある所や、自動車を止めるスペースがある場合でも、二台以上停められるところがあったでしょ

防犯性を気にすることも荷物を預けるときに重要

トランクルームを利用する時、防犯性が高い事も重要な条件になります。荷物を預けても、防犯性が低ければ、安心して預けることができません。そこで、契約をする前に防犯性が高いか確認しておく必要があります。
契約する前に、ホームページ等を閲覧したならば、防犯性がどこまでしっかりしているかの記述を探しましょう。ホームページで防犯面に関して特に何も触れていないようであれば、簡易型の鍵が1つある程度で、それ以外の防犯対策はされていない可能性があります。逆に、防犯面を強化している業者であれば、それが売りになりますので、ホームページ上に明記するはずです。
ただ、現金や宝石、重要書類等の貴重品を預ける事はできないところも多いです。契約するときに貴重品の預け入れができるか確認しておきましょう。